FC2ブログ
対話
Thu.01.08.2013 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 漸く宗務庁で担当部課長同席のうえ問題住職と我々が直接会談することがでできた。宗務庁の意向を斟酌して我々は相手方に住職問題の現実を直視し「信頼・帰依できない住職に名誉ある自主的辞任」を求めた。
 
 この会談は引き続き行うため、今後の対応など考慮すると相手方もいるので詳細はお伝えできませんが、住職の代理人弁護士(曹洞宗住職)の話を端的に集約すると「住職はなんでもできる、自分の意に沿わない責任役員は、たとえ和解相手であっても、いつでも何度でも解任できる」でした。
 
 組織のトップが、とんでも無い人物で「独断専行」したらお寺はどうなるか? まさに龍光寺がその悲惨な例です。
スポンサーサイト

« 第2回目会議延期 | ホーム | 墓質 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP