FC2ブログ
プロローグ
Mon.27.06.2011 Posted in はじめに
0 comments 0 trackbacks
私たちの菩提寺に平成14年7月に入山した住職(代表役員)が、入山した翌日から先代住職(東堂)との間に争いごとを起こしました。総代世話人会が双方から事の真相を聞き出したところ、住職の人間性や資質に重大な問題点があり、檀家が到底、信頼(帰依)出来るお坊さんではないことが判明しました。  

そこで、平成15年4月に、責任役員が包括宗教団体の曹洞宗宗務庁審事院に調停をお願いしたところ、住職は審事院の「和解調停案」を受諾するといいつつ調停期間中に、その和解相手の一方の当事者である責任役員を全員解任するという背信行為を行ったため、調停は不調に終わりました。

その後も住職の言行は一向に改まることがなかったので、平成19年6月に、責任役員、総代世話人、大多数の檀家さんの連名により、曹洞宗の規則である宗制に従い、曹洞宗宗務庁に対し、「住職罷免」申立を行いました。しかし、その後、既に4年近くが経過していますが、曹洞宗宗務庁の行政機関は、この申し立てを実質上は放置したままの状態を続けています。

 住職問題が発生してから早、9年目、先代住職と住職業務の承継中に問題が起きたので、現住職の「晋山式」は当然できません。先代の「退董式」もできず、その後、先代住職は裁判中に遷化しましたが、身内の密葬のみでお寺と檀家の「本葬」は執り行われていません。

どうしたら、曹洞宗宗務庁、宗門は檀信徒の声に応えてくれるでしょうか? このブログを通じ実情をお伝えし 広く曹洞宗関係者に解決への助言をお願いするものです。

 住職問題の簡単な経緯は、別掲の龍光寺「住職問題」についての経緯年表を、問責住職の人物像は、住職(代表役員)は、こんな人物です。をご覧ください。
スポンサーサイト

« 住職問題も人災です | ホーム | 住職(代表役員)は、こんな人物です。 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP