FC2ブログ
離檀
Wed.13.03.2013 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 寺檀紛争後に多くの檀家さんから「信頼・帰依できない問題の住職に葬儀法要を依頼したくないので何とかならないか」という要望に応えて「葬儀・法要相談窓口」を護持会役員に設けてもらいました。
そこで、曹洞宗の他寺住職さんに法要を執り行って頂くために近隣の住職さんに「住職問題」の実情をお話しし、ご相談したところ、ありがたいことに、数ヶ寺の住職さんが事情を理解され応援しようと手を挙げてくれました。
お陰様で葬儀・納骨・年回忌など支障なく対応できています。もちろん、寺院の正常な運営形態ではありませんが信頼・帰依できない問題住職に導師をしてもらう気は檀家さんにありません。こんな中、離檀者や改葬者が少しづつ顕在化しました。それにしても宗務庁の動きは相変わらず遅い。一日も早い寺檀紛争解決に宗門が主体的に動いてほしいものです。
スポンサーサイト

« 宗教者性善説 | ホーム | あきらめない。 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP