龍光寺「住職問題」についての経緯年表
Mon.27.06.2011 Posted in 経緯年表
2 comments 0 trackbacks
平成14年 6月
現在、問責されている現住職が福島県より龍光寺の住職(代表役員)として就任。

平成14年 7月
入山して直ぐに、先代住職(東堂)と、いさかいを始める。

平成14年 10月
総代世話人会にて双方(住職・東堂)から真相について説明を聞き「いさかいの原因である住職の問題」を把握する。

平成15年 4月
包括宗教団体曹洞宗宗務庁の司法機関である審事院に責任役員が住職問題の「調停」を申し立てる。

平成16年 3月
住職が生まれ育った福島県の兼務寺(龍光寺入山前の本務寺)の臨時檀家総会で「覚え書」違反を理由に住職解任決議される。

平成16年 6月
住職は、曹洞宗審事院の和解調停案を受諾すると言いつつ、調停期間中に和解相手の責任役員を全員解任して新たに別の責任役員を選ぶという背信行為を行った為に調停は不成立となった。

平成16年 7月
上記の行為の後、住職が曹洞宗宗務庁に届け出た新「責任役員変更委嘱申請書」及び「責任役員住所資格氏名印鑑届」は不正な手続きにつき機会ある毎に、宗務総長及び行政機関の総務部長に「不受理」とするよう要請をするも全て無視され、無回答のままの状態が今日まで続いている。

平成17年 3月
福島県の兼務寺の檀家さんが曹洞宗宗務庁に対し、「住職罷免」を申し立てる。

平成18年 2月
先代住職(東堂)が事故で遷化。

平成18年 2月
住職は、先代住職(東堂)の初七日服喪中であった龍光寺筆頭総代の責任役員を被告として千葉地裁に「損害賠償請求事件」の訴えを起こした。当筆頭総代が住職問題の現状について書状等を通じて檀家さんにお知らせした内容が事実に相違しており名誉毀損に当たるというのが、その理由である。

平成18年 7月
檀家有志による、曹洞宗「龍光寺を守る会」を正式に発足する。

平成18年 9月
住職は、福島県の兼務寺の檀家さんから、曹洞宗宗務庁に「住
職罷免」申立されていたが、彼は「罷免申立」を取り下げても
らう事を条件に兼務寺の住職を辞任した。 これにて福島県の
兼務寺の寺檀紛議は終結した。

平成19年 6月
龍光寺の責任役員、総代世話人、檀家有志が連名で曹洞宗宗務庁に対し、曹洞宗の規則にもとづき、「住職罷免」の申立を行う。

平成19年 9月
住職と彼から選任された責任役員と自称している3名を相手どり、千葉地裁あてに代表役員及び自称責任役員がその地位にないこと等の「地位確認請求事件」を檀家の集団訴訟として提訴する。

平成19年 9月
「損害賠償請求事件」に判決が出る。
被告の筆頭総代の責任役員が住職問題を檀家さんにお知らせした書状や説明の内容が「真実である、又は真実と信じる相当な理由がある」とした棄却判決によって、訴えを起こした住職が敗訴となる。

平成20年 2月
筆頭総代の責任役員が病気により急逝する。

平成20年 10月
平成19年6月に提出した「住職罷免」申立が、その後の再三にわたる督促にも拘わらず放置されたままであることから、曹洞宗宗務庁に対し、檀家有志による団体抗議行動を行った。折から開催されていた臨時宗議会に出席のため集まっていた宗議会議員の方々に、宗務行政の怠慢を訴える「嘆願書」を手渡した。

平成21年 1月
集団訴訟の「地位確認請求事件」が千葉地裁において合議制となり裁判官3名の審理体制となった。

平成21年 8月
TBSテレビ日曜午後の番組である「噂の東京マガジン」より龍光寺の住職問題について取材があり、その後放映された。

平成22年 2月
「地位確認請求事件」に係わる裁判所からの調査嘱託(質問)に対し、曹洞宗宗務総長より「調査嘱託に関するご回答」書が、裁判所に提出された。

平成22年 8月
「地位確認請求事件」において人証尋問が行われ、原告側より総代世話人、被告側から住職がそれぞれ証言した。

平成22年 10月
「住職罷免」申立について、平成21年10月の団体抗議行動以降2回ほど会議が開かれたが、ほとんど審理らしきものが行われず、又再三の要請、督促に対し無回答であったので、曹洞宗宗務庁に対し再度、檀家有志による集団抗議行動を行った。

平成22年 11月
曹洞宗宗務庁の新総務部長と面談。  
住職の不正な責任役員申請行為から6年、住職罷免の申立を行ってから3年半も経過しているが歴代総務部長らが何ら適切な対応をせず放置されたままの状態を抗議し、速やかに且つ公正な実質審理をするように要請する。

平成23年 1月
千葉地裁「地位確認請求事件」の判決があり、原告3名のうち、
筆頭総代の責任役員が裁判中に逝去したこと、他の原告2名の
総代世話人の任期が過去のある時点に任期切れになったから
「原告適格がない」という形式的な理由で却下された。3年4
ヶ月の審理を経ても、訴えの中身と住職問題については、ほと
んど判断を下すことなく門前払いとなる。

平成23年 2月
上記事件を東京高裁に「控訴」する。

平成23年 3月
東日本大震災が発生する。
スポンサーサイト

« 住職(代表役員)は、こんな人物です。 | ホーム | 龍光寺を守る会とは? »

comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP