先送り体質
Thu.01.01.1970 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 寺檀紛争の結果、宗制に則り「住職罷免申立」をしている寺院を多く知っています。「罷免申立書」のファイルが宗務庁の書庫に山のように保管されているとも仄聞している。
 昨年、テレビ放映された船橋市の曹洞宗長福寺の紛議に対し、TBSテレビの取材に応じた担当部長は「罷免申し立ては多々ある。」それに対し「宗務庁として厳正に対処する。」旨を広言した。その後の長福寺の経緯を承知していないが宗務庁として「結論」を出したのだろうか?
 私たちの経験からすれば宗務庁の「問題先送り体質」は変わっていないと思いますが参考事例として情報収集するつもりです。
スポンサーサイト

| ホーム | 戒律 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP