FC2ブログ
仏作って魂入れよ!
Tue.29.11.2011 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 私どもの菩提寺である曹洞宗龍光寺は、包括団体曹洞宗に属しています。 その包括団体曹洞宗の運営機関は宗務庁ですが、この宗務庁には、立法、司法、行政を司る三つの機関があり、国と同じように三権分立の体制になっていることは、関係者の方であれば、よくご存知の通りです。この三つの機関が、有機的かつ有効に機能していれば、包括団体曹洞宗は、その傘下の被包括団体も含め全体として良好に運営されているはずです。

 ところで、私どもは、平成19年6月に、宗務庁に住職罷免を申し立てました。その「罷免申立書」を曹洞宗代表役員の宗務総長宛てに提出しました。宗務庁の司法機関としては審事院があり、社会一般的な常識から言えば、寺檀紛争などは、司法機関としての審事院が取り扱うもの、と考えるのが自然ではないかと思うのですが、寺檀紛争、即ち宗制の「住職任免規程第16条」の罷免に係わる事案については、管長の職権に属する事柄なので「審事院には権限がない」と言われたからです。 当申立ては、総務部にて受理はされましたが、長らく何の返事もないまま放置された為、立法(宗議会)への請願や総務部長への団体抗議行動などにより最近やっとそれなりの対応はしてもらえるようにはなって来たものの、肝心の申立の中味については何ら進展していない、というのが実情です。 
 もちろん、所轄の部署が審事院であれ、総務部であれ、それは、宗務庁内部の問題ですから、それぞれが機能をきちんと果たしてさえいれば、第三者がとやかく言う事柄ではありません。三権分立の一見立派な体制があるように見えながら、実際には、肝心なところで、その組織の一部が、ほとんど機能していないことを問題にしているのです。
 寺檀紛争は、私どもの龍光寺のみならず、あちこちのお寺で火が吹いているようであり、私どもと同じような、「住職罷免の申立」が、総務部には大量に持ち込まれているのではないかと思います。 
その中身はさまざまでしょうが、おそらく、いずれも曹洞宗檀信徒の切実な思いがこめられており、真剣に対応せねばならぬ事案のはずです。

 宗務庁、なかんずく総務部はこうした申し立てに、充分に対応出来るのでしょうか?
もし対応出来ぬなら、出来るように機能の強化を図るべきです。

 宗門であれ、俗世間の会社や役所であれ、人の集まる組織にはトラブルがつきものです。会社や役所は、通常こうしたトラブルを迅速に解決するための専門の機能を、必須のものとして備えています。トラブルを放置すれば、会社や役所の命取りになるからです。こうした状況は、宗門についても全く同じはずです。 そして、せっかく三権分立の立派な組織をもっていても、それが、本来の機能を発揮出来ないなら、単なる「絵に描いた餅」にしか過ぎません。

 宗務庁は、檀信徒の要望を真剣にとらえ、折角作ったその体制が、組織として充分に機能するよう、その中に魂を入れてください。

スポンサーサイト

« 声はするが姿がみえない。 | ホーム | 寺檀紛争と裁判(part 1) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP