FC2ブログ
住職は、不変の存在か?
Thu.22.09.2011 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 龍光寺の現住職には、役員と自ら称している極く少数の取巻きの連中がくっついております。彼らは、異口同音に「住職は、一旦決まったら、例えどんな人物であろうと絶対に代えられない」と言っています。 「それは何故ですか?」と聞いても「昔からそういう風になっている」と言う以外まともな答えが返って来ません。

 その一方で、取巻き連中は、「今度の裁判で、もし住職が負けたら辞めさせる」などと矛盾したようなことを言っていました。 今度の裁判と言うのは、平成18年に、現住職が、筆頭総代の責任役員を名誉毀損で訴えた裁判の事を指していますが、その裁判で、訴えた現住職が全面敗訴しました。 
 ところが、取り巻き連中は、「現住職を辞めさせる」と言った前言はどこへやら、裁判に負けても知らぬ顔の半兵衛を決め込んでいます。 どうやら彼らの言うことは、その場限りのいい加減な言い草のようではあります。

 現実面を見ると、私どもの龍光寺では、大多数の檀家から何年も前から住職罷免申立てされている住職が、いつまでも不変の存在であるかの如く、平気で居座っています。 本当に、彼らが言うように、住職は不変の存在なのでしょうか? 俗世間では、会社でも、役所でも、その地位にふさわしくない人、関係者の信頼を失った人がいたら、自ら責任をとるか、必ず何らかの処置をとるでしょう。放置しておくことは、その会社や、役所の名誉を毀損し、その責任を問われることにつながります。
 
 ましてや、本来は俗世間以上に倫理性や檀信徒からの信頼度等が問われるはずの住職について、何か問題があったら、宗門は放っては置けないはずです。宗制には、そうした場合に対処すべく、「住職罷免規程」や「懲戒規定」等の関連規定があります。それにも拘らず、曹洞宗には龍光寺のみならず、他のお寺も住職問題があちこちに発生し、未解決のままになっているようです。 それは、宗門が問題を放置したままにしているか、宗制を充分に活用していないか、あるいは世間の常識としては通用しないような内輪の論理だけの解釈で運用しようとしているか、 のいずれかではないでしょうか? 宗門はその名声が毀損される前に、宗制の常識的、合理的な運用等を通じ、自浄作用を発揮すべきです。


スポンサーサイト

« お寺に弁護士は馴染まない | ホーム | 寺檀で最も重要なものは? »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP