ありがたくない
Sun.31.07.2011 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 迎盆期が近づくとお年寄りの檀家の皆さんから「まだ新しいお坊さんは来ないのか。」と詰問されます。
皆さんは、現住に読経されても「ありがたくない」「先祖供養にならない」と言われ、現住の棚経も断っています。一日も早く「信頼できる住職さんに法要をしてもらいたい」との心境を吐露します。

 審事院の和解調停が現住の背信行為により不調になった後に、宗務庁に「住職罷免申立」をしましたが4年も経過しているのに、何ら実質的な進展がない宗務庁の不可解な対応に檀家さんは不信感をもっています。
 
スポンサーサイト

« お施餓鬼法要をボイコット | ホーム | ありがとうございます »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP