聖職者
Sun.04.12.2016 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 ほとんどの住職さんは常識人であり「問題住職」は少数派ですが聖職者であることにはかわりません。私たちは価値観が多様化した現代の住職さんに特段の高潔さや求道者像を要求しませんが最低限の道徳と矜持をもってもらいたいものです。そうでなければ僧形をした虚業家かペテン師です。
 宗務庁も聖職者の団体としての原点に立てば問題解決の自浄能力を発揮すべきです。でなければ宗務庁の存在意義を疑います。

 前回お知らせしました「改葬許可申請」に係る遺骨の埋蔵署名を住職がすんなり出してくれない件は、現在、督促中です。
スポンサーサイト

« 年末・年始にあたり | ホーム | 法事 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP