FC2ブログ
慣習儀礼
Wed.25.09.2019 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
  最近、ある葬儀に参列しました。別居されていた親御さんの葬儀を執り行った若いご家族の方と雑談したところ意外な事を知りました。 先ず、菩提寺の寺名も住職名も宗派も全く知らなかったこと、葬儀社の指導と段取りでこれらの事を知り全てのことを葬儀社にお任せしたとのことでした。親子関係やその辺の事情はうかがい知れませんが、生前にお寺の事が日頃、話題になっていなかったのでしょう。一方、葬儀でも僧侶の「法話」はなく葬儀社の手際よい?進行で儀礼が淡々と行われただけでした。

 少子高齢化と価値観の多様化が顕著な現代において葬儀態様だけを見ても、老親世代から子、孫世代に宗教儀礼がこれからどの様な形で継承されて行くか大体は想像をしておりましたが、現実は加速的に葬儀が宗教儀礼とは程遠い、ただの慣習儀礼化している世情の一面を再認識しました。すると寺院や住職の存在意義はどうなるのか。
スポンサーサイト



topBack to TOP