FC2ブログ
戒律
Tue.05.06.2018 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 既報のごとく住職問題の根本的な問題点を日常的表現で要約しますと「嘘をつく、約束を守らない、経歴に詐称がある、不誠実な言動を繰り返す」etcです。
聖職者には法令順守以前の高い倫理観が求められます。仏教の五戒に不妄語戒(ふもうごかい=嘘をいわない)がありますが、現代のお坊さんに対し戒律を全て守れ、と言うような非現実的なことを私たちは求めていません。 最低限、社会通念上の規範を守ってほしいのです。

こんな折に檀家さんから「守る会」に長文な所感が寄せられてきましたので、その一部を要約したものを下記しました。

『サイコパスとは何でしょう?』  一般に「精神病質者」と言われていますがそれはどのような人なのか見分けるために特徴を記します。
①嘘をつきます。
 迷わず嘘をつくという行動をとり嘘がばれる事を普通の人のように恐れたり、自分を恥じたりすることがありません。
②衝動的に行動します。
 相手を思いやったり、社会的なルールを守るなどの思考回路には存在しません。その時々の衝動に流されて行動することが非  常に多くなります。
③言葉と行動が全く噛み合いません。普通の人から見ると信じられないくらい無責任な印象を受けます。
④心理的に追い詰められると逆切れします。自分を反省し、過去の行為を悔いません。また、責任を誰かに転嫁したり、知らない  振りをしたり無視するという行動をとります。
⑤自分にとって都合の良いように利用するため警戒心を抱かれないように行動します。利用できる人には非常に愛想よく丁寧に  接します。役者としてはその演技は優秀です。
⑥「こんな事をしたら後で後悔することになるのではないか」「こんな事を言ったら、人にどう思われるのだろう」と悩むという思回 
 路はありません。

普通の人はサイコパスのように平気で大胆に、堂々と嘘をつく人に出会うことはあまり無いと思いますが、「以外に身近なところに居るかもしれません」一度、考察してみることもあなたのためになるかも知れませんよ!!



続きを読む »

スポンサーサイト

topBack to TOP