FC2ブログ
総会その後③
Thu.05.04.2018 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 問題住職が1月に主催した「檀信徒総会」の結果報告と、出席檀信徒から問題住職に出された宿題(「住職問題」の現実的な解決案)の提示が未だになされていません。

 今年の冬は葬儀が多くありました。いろいろな宗派の葬儀にも参列しました。しかし、その執行にあたり当然ながら導師の個人差が出ます。中には葬祭業者に仕切られセレモニーの添え物的な導師もいます。僧侶・仏教者としての存在感は無く何を考えているのか空虚で形式的な儀式で遺族の気持に寄り添っていません。世間の一部では葬式仏教と揶揄されていますが私たちはこの習俗を大事な儀式と思っております。
 我が菩提寺も長年にわたり「住職問題」が未解決のため帰依できない住職が居座っています。曹洞宗の本部である宗務庁も、宗費を賦課し徴収しても「住職問題」にはただ手を拱いているだけです。罪深いですね。
 そんな折、最近になって問題住職が菩提寺を曹洞宗から離脱して無宗派の「単立寺院化」を画策しました。組寺の住職さんたちも漸く事態の深刻さと龍光寺の行く末を案じて放置できないと認識を改め始めてくれました。とりあえず葬儀などは曹洞宗の正しい行事規範で執り行える様に協力してもらえることになりました。


続きを読む »

スポンサーサイト

topBack to TOP