檀信徒総会
Fri.19.01.2018 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 問題住職が全檀信徒を対象にした「総会」を開くことになった。 数年前から私たちや宗務庁が問題住職に対し、「檀信徒を分け隔てなく対象にした「総会」を開き、任地寺の住職問題解決への責任を果たせ」そして今度は「住職側が現実的な問題解決案を檀信徒に提示すること」を要請していました。

 しかし、今月、27日(土曜日)に開催予定なのに、檀信徒を選別して、17日~19日にわたり「開催案内」文書が送られて来た。
更に、ご丁寧にも、追って「出欠」のハガキを送るので23日(火曜日)までに出欠の返事を寄こすことを要求していますが、肝心な「ハガキ」は未だきていません。そして、その「ハガキ」を持参を条件にしています。
 
 この様に、総会」案内の時期、方法や内容などに不自然な点が多く、何らかの仕組みや意図が隠されていると思われます。そうであれば、公明で公正な「総会」運営がなど期待できません。

 問題住職が「総会」を一方的な自己正当化の場にしたり、宗務庁向けのパフオーマンスなら茶番に終わると見ています。

 今後、結果を明らかにしてお知らせします。
スポンサーサイト

topBack to TOP