檀家制度の名残
Tue.29.09.2015 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 曹洞宗の教義など広める第一線の住職(代表役員)が、その地位にふさわしくない問題人物だとしたら、宗門は一体どの様に問題解決を考えているのだろうか。私たちは、聖職者性善説を信じて自浄作用が働くと期待していましたが宗務庁の対応をみるとお坊さん互助会のあり様です。時代錯誤の檀家制度の名残をいまだに引きずり、檀家さんあってのお寺と持ち上げながら実態は上から目線の対応です。
 任地住職に問題があれば、さっさと転住させるか、修業し直させ反省させるか、住職輪番制にして既得権益化を避ければ簡単に解決するのに、住職の立場ばかりに配慮して檀家は置き去りにされています。今こそ、仏道の戒と律を実践してほしいものです。

スポンサーサイト
宗務庁(包括宗教団体)の役割
Wed.02.09.2015 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 寺檀紛争が起きて当事者間で解決できないため先ず宗門内解決を目指した。和解調停・紛議審判・罷免申立などの手順を踏んだが、ご承知にのごとく未だ解決の目途さえたっていない。第一義的には仏教者である筈の問題住職が「現実から目を逸らし問題解決をする意思と責任感が全く無い」からだ。この実態を承知していながら、宗務庁の基本姿勢は当事者間での話し合い解決の模索を求め続けるだけで、解決へのイニシアチブを自らとる姿勢は感じられない。宗務庁は、傘下の住職・寺族の処遇や地位に関しては配慮するのに寺院の構成員である檀信徒に対しては上から目線で冷遇します。
 私たちは「住職問題」が起きてから、多くの他寺住職さんや檀家さんとの交流や宗務庁と頻繁に係ったので、お坊さん世界の内実を垣間見る機会が増えました。娑婆の世界の企業組織は、他社との激しい競争・消費者の監視など厳しい規範に常時さらされているが、それに比べ部分社会の宗門は「ぬるま湯」の世界です。宗門人として仏道の世界に身を置きながら、仲間内の「住職問題」を放置したままで檀信徒に教えを広めることの葛藤はないのでしょうか?

topBack to TOP