裁判の行方(part 3)
Thu.24.07.2014 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
先日、裁判(地位確認請求事件)第10回目の口頭弁論が行われた。そのなかで原告(檀家側)代理人より次回の裁判では『被告住職の人証尋問と檀家の証人尋問』を行う様に要請しました。 担当裁判官が書面だけではなく人証尋問により被告住職本人の人間性や問題点を直接見聞してもらうために要請したものです。被告代理人は予期したごとく尋問に反対する旨申し出ていましたが裁判官は『検討したうえで次回の裁判で尋問するか結審するか決める』由。
 この裁判もようやく大詰めの段階に入りました。次回裁判は9月1日(月)の予定です。
スポンサーサイト

topBack to TOP