逆提案
Sat.09.11.2013 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 住職側の代理人から「住職問題」解決への逆提案があった。
その要旨は問題が起きてからの「当方らの訴訟費用などの一部を住職個人が負担する」とあるのみで「住職問題」の本質的な解決方法と再発防止策は示されておりませんでした。この様な「住職問題」を棚上げしたままの逆提案では檀家さんは到底納得できません。しかし先方はこの「逆提案」を呑まなければ話し合い解決は無理なので、後は、法律(裁判)や宗制で対処するという姿勢です。
 先方の解決案が出ましたのでこれを機に現状を全檀家さんに説明する責任が双方にあります。そこで、檀家さんの意見を集約し問題解決に資する檀家説明会を共同で開催しましょうと先方に提案いたしました。
スポンサーサイト

topBack to TOP