あきらめない。
Mon.04.02.2013 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 寺檀紛争後、包括の宗務庁に「調停申立⇒紛議審判⇒罷免申立」の手順をとった。すべて宗制にもとずく手続きをした。その後、幾多の経緯を勘案して、宗務庁の意向も反映させた「現実的な解決案」を提案した。
 宗務庁が相変わらず主体的に問題解決に動かないので先週訪庁して強く督促したところ、漸く解決へのアプローチを約束した。しかし、多々良裁判の対応や宗議会開催準備等の業務繁忙を理由に日程的な約束を得られなかったが暫くはお手並みを拝見させてもらいます。
スポンサーサイト

topBack to TOP