住職の条件
Mon.09.07.2018 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 菩提寺の「住職問題」の長~い経緯から住職や宗門の醜い実体を垣間見せられました。

そんな折、ある檀家さんのひとこと。
『住職に妻子が居ようが、酒を飲もうが、タバコを吸おうが、駒大の仏教学部を卒業していないだろうが、義務教育だけだろうが、安居修行の経験がなかろうが、僧階が二等教師だろうが、法話が下手であろうが、布教教化をしないだろが、一向にかまいません。
 ただ、嘘をついたり、詐欺師まがいの言動さえしなければ檀家として何とか我慢します。』

それを聞いた二人の女性の檀家さんが
 『少し、欲を言えば、朝のお勤めをして、寺の掃除をしてほしいです。また、上から目線ではなく年寄りや婦女子に優しい坊さんであってほしいです。』
 『難しくない檀務をいちいち弁護士を通じてやる住職など聞いたことがないです。弁護士費用はお布施の流用です。身の丈にあった生活をしてもらいたいです。』とのこと。

 もうすぐ、迎盆、供養の時期です。
スポンサーサイト
戒律
Tue.05.06.2018 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 既報のごとく住職問題の根本的な問題点を日常的表現で要約しますと「嘘をつく、約束を守らない、経歴に詐称がある、不誠実な言動を繰り返す」etcです。
聖職者には法令順守以前の高い倫理観が求められます。仏教の五戒に不妄語戒(ふもうごかい=嘘をいわない)がありますが、現代のお坊さんに対し戒律を全て守れ、と言うような非現実的なことを私たちは求めていません。 最低限、社会通念上の規範を守ってほしいのです。

こんな折に檀家さんから「守る会」に長文な所感が寄せられてきましたので、その一部を要約したものを下記しました。

『サイコパスとは何でしょう?』  一般に「精神病質者」と言われていますがそれはどのような人なのか見分けるために特徴を記します。
①嘘をつきます。
 迷わず嘘をつくという行動をとり嘘がばれる事を普通の人のように恐れたり、自分を恥じたりすることがありません。
②衝動的に行動します。
 相手を思いやったり、社会的なルールを守るなどの思考回路には存在しません。その時々の衝動に流されて行動することが非  常に多くなります。
③言葉と行動が全く噛み合いません。普通の人から見ると信じられないくらい無責任な印象を受けます。
④心理的に追い詰められると逆切れします。自分を反省し、過去の行為を悔いません。また、責任を誰かに転嫁したり、知らない  振りをしたり無視するという行動をとります。
⑤自分にとって都合の良いように利用するため警戒心を抱かれないように行動します。利用できる人には非常に愛想よく丁寧に  接します。役者としてはその演技は優秀です。
⑥「こんな事をしたら後で後悔することになるのではないか」「こんな事を言ったら、人にどう思われるのだろう」と悩むという思回 
 路はありません。

普通の人はサイコパスのように平気で大胆に、堂々と嘘をつく人に出会うことはあまり無いと思いますが、「以外に身近なところに居るかもしれません」一度、考察してみることもあなたのためになるかも知れませんよ!!



続きを読む »

ごっこ遊び
Thu.03.05.2018 Posted in 経過報告
1 comments 0 trackbacks
 GWに一般檀家さんと交流する機会がありました。話題は自然と「住職問題」になります。 一般檀家さんには 「住職問題」について護持会や我々がお知らせ文書をその都度配布したり、全檀家さんを対象にした集会を開いてその経緯を逐一報告しておりますので住職問題を大体理解しておりますが、なかでも一般檀家さんがなかなか理解できないのが曹洞宗の上部団体である「宗務庁」の存在とその役割です。
 一般檀家さんからみれば偉いお坊さんの集まりである「宗務庁」が問題解決になぜ積極的に手を尽くしてくれないのか? 不思議で理解できないようです。特に「宗務庁」が寺檀紛争中の事実と問題点を承知していながら放置しているがごときの対応にどうしても理解できないようです。かえって私たちが宗務庁への働きかけが不充分なのではないかと言われました。

 一般檀家さんは宗費という上納金(税金)を毎年納めている事を盾に野暮なことを言っているのではなく(宗費賦課の問題はさておき)、純粋に宗侶の問題は宗門全体の大問題として取り上げ、第一義的には宗門内解決を目指す自浄努力が当然優先されるものと思っているからです。
 また、国と同様に宗門の組織の三権分立制度(行政=内局・立法=宗議会・司法=審事院)や宗務庁の年間予算が約50億円であること、裁判が絡んだ大きな問題を抱えていること、宗政家と言われる宗議会議員がいること、内閣のような内局と呼ばれている執行部がありその行政の実務を行う宗務庁職員が沢山働いていること、等々を説明したところ、ある檀家さんから、菩提寺の「住職問題」が宗務庁から長年にわたり実質放置されている経緯を踏まえて『なーんだ、宗務庁は政治ごっこ遊びをしているみたいだな』と感想をもらしました。 
この方は、曹洞宗の教義からすれば檀信徒の苦悩に寄り添うこともしないで「何が社会の負託に応える」組織なのか、「一寺院の住職問題」などより宗務庁における個人の栄達や自己保身のヒラメ職員が居るのではないかと思われた様です。

 宗務庁は仏教者の団体として住職問題という根底的な問題を内包しています。しかし、現実を見て見ぬふりをしています。まさか仏道に身をおいていながら、その内実は僧形だけで「お坊さんごっこ」をしていないでしょうね。今後も、おかしい事を正すことに躊躇する必要はありませんので私たちは解決まで粘り強く活動を続けます。
総会その後③
Thu.05.04.2018 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 問題住職が1月に主催した「檀信徒総会」の結果報告と、出席檀信徒から問題住職に出された宿題(「住職問題」の現実的な解決案)の提示が未だになされていません。

 今年の冬は葬儀が多くありました。いろいろな宗派の葬儀にも参列しました。しかし、その執行にあたり当然ながら導師の個人差が出ます。中には葬祭業者に仕切られセレモニーの添え物的な導師もいます。僧侶・仏教者としての存在感は無く何を考えているのか空虚で形式的な儀式で遺族の気持に寄り添っていません。世間の一部では葬式仏教と揶揄されていますが私たちはこの習俗を大事な儀式と思っております。
 我が菩提寺も長年にわたり「住職問題」が未解決のため帰依できない住職が居座っています。曹洞宗の本部である宗務庁も、宗費を賦課し徴収しても「住職問題」にはただ手を拱いているだけです。罪深いですね。
 そんな折、最近になって問題住職が菩提寺を曹洞宗から離脱して無宗派の「単立寺院化」を画策しました。組寺の住職さんたちも漸く事態の深刻さと龍光寺の行く末を案じて放置できないと認識を改め始めてくれました。とりあえず葬儀などは曹洞宗の正しい行事規範で執り行える様に協力してもらえることになりました。


続きを読む »

総会その後②
Sat.10.03.2018 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 前回の記事のごとく、問題住職が主催した「檀信徒総会」が曲がりなりにも開かれましたが、1ヶ月半過ぎても総会の報告がありません。多分、問題住職の思惑通りに総会が運ばなかったため「ダンマリ」を決め込んでいるのかも知れません。 
総会に出席された檀家さんは質疑の対応を見て問題住職の資質の欠如と人間性に問題があることを改めて知ったことでしょう。仏道に身を置いた僧侶からほど遠い終始不誠実な対応でした。
 総会では、私たちが以前から要請している「住職問題」の現実的な解決案が提案されませんでしたので、その席で速やかに提案するように宿題を出しました。兼務寺の布施の行方や、約束していながら未だ守られていない龍光寺の法人会計の開示と監査など含めて引き続き問い質していきます。

NEXT PAGE »

topBack to TOP