FC2ブログ
宗務庁
Mon.19.08.2019 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 近々、宗務庁の担当部長と面談できることになりました。部長と問題住職側との面談が行われたので、それを踏まえて当方らとの面談になったものです 。新担当部長が寺檀紛争に対し、今後どのように対応するか会って見るまでは判りませんが、一刻も早い宗門内解決に向けた積極的な姿勢を示すことを期待するものです。
スポンサーサイト
迎盆期
Thu.08.08.2019 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 菩提寺は「8月盆」です。 お寺が正常だった頃は、住職と総代や世話人たちが和気あいあいと施食会法要のお手伝いをしたものです。
 
 ところで、問題住職は、『管長(禅師)から任命された住職を辞めない』と、金科玉条のごとく曹洞宗の象徴である禅師様の威光を持ち出して寺に居座っています。 檀信徒から「罷免申立」されるという異常事態にも関わらず、僧侶として今日まで何ら反省もせず陳謝もありません。
 
 僧侶も人の子と言ってしまえば、それまでだが、寺檀関係の根本は「信頼(帰依)」関係で成立です。僧侶には 娑婆より高い規範の基準があるはずだ。更に、曹洞宗の宗制(規則)の中にも懲戒規程が存在している。寺檀紛争など、宗門がその気になれば簡単に解決するはずです。 要は宗門の、やる気です。 このまま放置すればますます寺離れが進みます。
 
 お盆が過ぎたらいろいろ糺していく予定です。
 
鹿と馬
Sat.20.07.2019 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 選挙のことで長老たちと話していたら自然に社会・政治問題が話題になった。いわゆる「忖度」問題が話題の中心だった。

ひとしきり話が弾んだところで、誰かが結局のところ『馬鹿は死ななきゃ治らない』]と、広沢虎造の浪曲「石松三十石船」の一節を披露し、更に、 秦の始皇帝死後に悪臣の趙高(ちょうこう)が幼帝に「鹿」を献上して臣下の前でこれを「馬」と称した。
幼帝は「鹿」ではないかと言っても権力を恐れるほとんどの臣下は「いや馬であると」答えた。正直に答えた者は後で抹殺された。という故事を例に本当の事を言えない現在の社会風潮を嘆き「馬鹿につける薬はない」と言った。
 
 ここでの「馬鹿」は、病気や怪我の類ではなく、自分自身に問題があることを指しています。だから「馬鹿につける薬はない」のです。また、梵語の「無知」から転じた語ともいわれています。

 もうひとつの意味は「自省して改めれば良くなる」です。

僧侶の隠語でもある梵語の意味が、問題住職のレベルでは理解度は?でしょう。
真渓涙骨氏の語録から
Tue.02.07.2019 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks

 宗教思想家で「中外日報」紙の創刊者、真渓涙骨(またに・るいこつ)氏の語録から引用しました。

     「宗教とは何ぞや、一言にして答えてくれ」 と求められる。

      曰く  「嘘を吐かぬ事」 だ。

 ところが、仏教界の現状は…

 問題住職が、学歴と僧階を詐称したり、出まかせを言い続け、反省も陳謝もなく寺に居座っています。
 私たちは菩提寺の一日も早い正常化に頑張ります。
偽善者
Wed.05.06.2019 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks

 法の前に社会規範があり私たちは普段そのなかで生活しています。なかでも伝統仏教の僧侶社会は仏教者としての倫理観が一般社会より一段と高いと思っておりました。
 しかし、住職問題が起きてから問題住職は僧侶として一片の反省すらせずに任地の問題解決から逃げ回っています。その間、
檀家に対しネガティブ・キャンペーンをしたり、問題の原因を根拠も無く他人のせいにしています。また、その立場を利用して檀家に圧力をかけ力ずくで抑え込もうとしています。

 一方、上部団体の曹洞宗宗務庁も問題住職の問題点を充分に把握しているにも関わらず、口先介入だけで手をこまねいているだけです。外に向かっては社会の負託に応えると唱えながら結果的に足元の信者の苦しみを放置したままです。

 この有様を見て、新たに高額な経済的負担をしてでも離檀して民間墓苑に改葬する檀家も増えてきました。問題住職は寺の将来や檀家などどうでもよく、自己保身に汲々としているだけです。住職失格と言わざるを得ません。

 私たちは、おかしい事に見て見ぬふりはしません。菩提寺の正常化のためにあらゆる方途を模索してこれからも粘り強く活動を続けます。

 しょせん剃髪僧衣姿は世を欺く偽善なのか。と思うこの頃です。


続きを読む »

NEXT PAGE »

topBack to TOP