FC2ブログ
仏壇
Wed.04.12.2019 Posted in 経過報告
0 comments 0 trackbacks
 朝夕、供物をし手をあわせている仏壇は私たちの身近なものです。最近、あるご婦人から相談がありました。転居に伴い家が狭くなるのでこの際に仏壇もコンパクトにしたいとのこと。実家の仏壇、位牌と嫁ぎ先の仏壇があり一つに纏めたいらしい。
聞けば部屋の狭小と言う物理的な問題だけでなく自身の高老齢、実家が女系、祭祀承継者が独身、両家二つの墓地管理の行く末など、ないまぜに思案しておりました。 世は少子高齢化問題だけでなく価値観の多様化現象のひとつである未婚率も上昇しています。
 取り敢えず、身近な問題の仏壇を一つ処分することにしたが、疎かに扱いたくないとの意向もあり曹洞宗寺院で仏壇の閉眼供養をすることにして、お位牌は繰出位牌で整理することにしました。 最近、一番多い相談はご婦人からの墓終いです。
 
 ところで「問題住職」は朝夕のおつとめを(しているか怪しいが)しながらご本尊様に何を祈り、檀信徒の何を回向しているのか。僧侶として恥ずかしくない行動をしているならば代理人弁護士任せではなく自ら問題解決案を檀信徒に示すべきである。
スポンサーサイト



NEXT PAGE »

topBack to TOP